手放せない高機能マウスが格安に!〜Logicool M705t

手放せない高機能マウスが格安に!〜Logicool M705t

みなさんマウス使ってますか?

私は家ではタッチパッドで普段作業をしているのですが、先日ちょっとデザイン的な仕事をするにあたってタッチパッドでは厳しかったため、余ったマウスを探してみました。

ですが、自宅に置いていたマウスがどれもしっくり来なかったために自宅用に追加でマウスを買うことにしました。すると…

LOGICOOL マラソンマウス M705t

IMG_8802.JPG

こちら、私が2014年11月現在、2年ほど開発用に使い込んでいるマウスになります。(白い点は蛍光灯の映り込みです)

厳密にいうと、元々2009年に発売されたM705の、パッケージのみ変えたものでで、M705rとして2010年から売られているバージョンでした。中身はM705と同じで、ドライバ側からもM705として認識されています。

今回のM705tも同様にパッケージのみ変更されて2013年10月から販売されている機種の様です。息が長いですね。

そして、元々私が買った時は確か5000〜6000円程したこのマウス、なんと今では3000円ちょっとで買えるようになってるではないですか!!

というわけで思わず自宅用にポチリです。

メーカーサイト

お勧めドコロ

長寿命

このマウスは「マラソンマウス」という名前なります。電池消費量が異常に少ないんですね。単3電池2本でなんと3年も持つそうです。

ワイヤレスマウスって電池がすぐ切れるという印象でしたが、非常に長持ちしてくれるのでほとんど交換の必要がありません。(ちなみにこちら電池1本でも動くので、軽量化のために電池1本しか入れてません)

しかし、それだけではなくて、一番オススメしたいのはこちら

高速スクロール

marathon-mouse-m705

スクロールホイールの下にボタンが有るのですが、これは高速スクロールをON/OFFする物理スイッチで、高速スクロールモードにすると、ホイールのカチカチがなくなって、一気にスクロールすることが可能になります。

これがインターネットブラウズに非常に便利。買って以来ずっと高速スクロールモードをONにしています。ぐりんっと勢い良く回すと、何千行でもヒュンっとスクロールしてくれます。速度調整も自由自在です。

注意点として、デフォルトでは動きが敏感すぎて狙った所にホイールクリックがしづらい、というものがありますが、設定でホイールの高感度をオフにしておけば大丈夫です。

レビュー評価が微妙…?

よく見ると、Amazonや価格.comでの評価は真っ二つで、自分みたいに愛用している人と、使い物にならない、という人。

その原因は、レーザーの位置にあるようです。

51Cz8YS1NsL._SL1052_

レーザーの位置が中央ではなく、端の方にあるんですね。そのため、思ったように動かせない、という人がいるようです。

ただ、自分が2年使ってみて思ったことが、「そういえばそうだっけ?」

実はこの機種を買うときにもそのコメントは見たことがありましたが、結論、一度も気になったことはありませんでした。というか忘れていました。

レビューしている人は、変わった持ち方をしているのか、1ピクセル単位でカーソルを合わせないといけないデザイナーさんやゲーマーなのか… そもそもレビューしている時点で只者では無い感じがします。

事実、今の価格.comでもマウス売上第3位に入っていて、多くの人が買っている商品といえるでしょう。

チルトホイール付き7ボタンのエルゴノミクスデザイン、しかもかつて6000〜7000円していたLogicoolブランドの高機能マウスがこの価格帯で買えること自体びっくりです。

まとめ

  • 3000円台で無線マウスを買いたい
  • チルトホイールが欲しい
  • 右手でマウスを使う
  • マウスでの作業時間が長い

上記の様な人にはぜひオススメです。